FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憎むべき奴ら

あいつらだけはキライだ


あいつらがくる。
季節である。
生態系の食物連鎖を考えると
彼らを食べている
恩恵を受けているメンバーが
いるとはいえ、
許しがたい。
近寄ってくるな!

ちいさいころから
とにかく「蚊」には刺されやすかった。
いろいろ調べてみると
体温が高かったり
体質とかもあるらしい。
しかし、ことさら平熱は
せいぜいやっと36度。
庭先などで、アルコールを
飲んでいい気持ちの友人は
全くさされず
我慢していた私は食われる。

いったい、彼らを寄せ付けない
基本ルールは守り
可能性があるところに出没するときは
黒っぽい服装を避け
トワレなどはつけず
ミントオイルを使い
お酒なぞ論外・・・

しかし、とんでもないところで
私は犠牲になるのであった。
地下の入っているお店
薄暗い照明のカフェなどは
実は要注意だ。

先日ある地下のレストランで
見事に彼らの
ハンティングにやられて
腕に2か所
みみずばれのように
腫れ上がり
ひどいかゆみに
くつろいで食事どころではなくなり
ほうほうのていで
逃げ出した。

かきこわさないよう
用心しても数日
消えない赤い痕を
刺された場所に残すほど
私の皮膚は残念なことに
反応する。

刺されずに済むくらいなら
少々の痛みや
辛さなど我慢できるから
なんとか科学の進歩で
解決してもらえないかと
妄想している。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。