FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹を据える、肝を置く

内なる怖れとの闘い


人は、何をしているときに
「いきている」と
実感できるのだろうか。
自分の大切にしている時間を
濃密に味わい尽くした
ひとときを抜けた刹那に
何とも言い表せないような
一滴の麻薬のようなものが
全身に浸みわたるようにめぐっていく
不思議な感覚。
静かで、それでいて高揚している。
私にとって、それはもうずいぶん長いあいだ
バレエのレッスンが間違いなく
そのポジションを占め続けてきた。

ひさしぶりにからだの不調を経験して
自分とバレエとの付き合い方が
新しい年明けを控えて
また、変化へと進んでいく予感があり
正直物寂しい
荒涼とした景色の前に
ぽつんと立っているような
心細いものも感じた。

いつか、レッスンができなくなる。
行けなくなる。
どんなに願っても、自分のからだが
全くいうことをきいてくれず
すべてをあきらめねばならないときが
くるとすれば・・・という
シュミレーションを
経験する、良い機会になるかもしれない。

まず、自分に「とりあえずしばらく
踊れなくなったよ。どうする?」と
問うてみた。
全く自動的に、「観れるだけのDVDや
動画で、しっかりと目で学ぶことだけは
やり尽くしておいて、自分の次に
復帰するときのために
取り組めることは何だろうと真剣に
考えよう」
落ち込む気持ちと同時に
はなからあきらめの悪い
つまり往生際の悪いことこのうえない
自分に、自嘲した。

不安と恐れの裏返し。
強がって、明るくふるまった先に
どうしようという、もくもくと湧き上がる
暗雲に、あっというまに取り囲まれ
見通せなくなる焦燥。
いったい何回経験しても
慣れることもできなければ
対処方法の、ベストの処方箋を
見出すこともならず
この点については、成長していない。
成長を拒否している。

ただ精神的な未成熟が
時にひとを支え、前進させてくれることは
あるものだ。
自分がまさに
今あるいている道だから。

腹を据えよう。
肝を置こう。
精一杯
じたばたと、あがいてみよう。

美しさや
格好よさとは
まるで正反対の世界だけれど、
きっと私はそこに
頭から飛び込んでいく
むこうみずさを
いまだ持っている。

ふふふ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。