FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごい夢

実現するといいな・・・


明け方、すごい夢で
起きたらなんだか
とても疲れた(笑)
リアル感が半端じゃなかったから。

大洪水が起きて
稽古場が流されていく。
ものすごいだぁああ~っと
流れていく濁流。
わたしは、仲間たちと必死で
高い場所にしがみつき、
崩壊する建物といっしょに
流されていき
坂の上にたどり着いて
さらに高いところになんとか逃げた。

なんと衣装合わせは続行する。
驚くうちに
ディープグリーンの
バランシン風のパフ・チュチュ。
Sさんが、「あなたはこれよ」
こんな短いの、無理だと
つぶやくと、自分の背中側には
ピンクと白のレースの
さらに丈の短い衣装が
あてがわれているのだった。
ひー!
心の中で叫ぶ。

20160329.jpg


絶体絶命だねと
困り果てた次は、
80歳のわたしが陽だまりの稽古場にいて
さんさんと注ぐ光を見上げ
バーにつかまったまま
稽古場で死んでいるのが
見つかったシーンで、
なきがらになった自分を
わたしが見下ろしているところで
目覚めた。
黒い半そでのレオタ。
ピンクのタイツ。
無地の白いシフォンの
スカート。
頭は光沢のある
オレンジベージュの
スカーフでおおっていた。

何が画期的だったかというと
だいぶ長生きしてきたが、
色つきの夢、つまり色彩感が
明瞭にに感じられた夢は
まったく初めてだったから
とても驚いた。

それから、自分がこの世から去るという
仮想のシチュエーションを
曲がりなりに体験できたこと。

人迷惑だが、稽古場で死ねたら
なんと本望であることか。
ステキすぎる
この世とのお別れではないかと
ふらちなワタシは
現実になってくれ~っ!
起きてぼんやりとした頭で
まずいの一番に
真剣に、心底思っていた。


これがデジャビュとなる?^^


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。