FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神風土

間もなくローザンヌ


間もなく今年のローザンヌコンペが始まる。
動画の配信がとても楽しみ。

今はクリックひとつで
海外の有名なバレエ団やダンサーの
レッスンやリハーサルの様子も
撮影用とはいえみることができて
興味深い。

日本のあるバレエ団のリハは
指導者が指示を「あれができていない、
ここがよくない」と矢継早に指示を出し
ダンサーたちはお行儀よく拝聴して
頷いて、次の続きに入っていった。

ローザンヌのモニク・ルディエールの指導は
毎回凄いと思う。
瞬時にレッスンを受けるジュニアたちの
現状とポテンシャルから最適解を
出すように真剣勝負している様子がわかり
なおかつそのコミュニケーションのやりとりがすばらしい。
それを活かすも殺すも
受ける側の努力と理解力と掘り下げであることは
間違いないと思う。


ロイヤルの動画で
「エリート・シンコペーション」の一部を
見たとき
おもしろいことに気付いた。
プリンシパルのラウラ・モレラ
ソロイストのメリッサ・ハミルトンと
チェ・ユフィの
3人が踊るシーン。



一番活き活きとしていたのは
チェ・ユフィで
音楽の快活さと
音のたのしみを全身で
シャープに表現していた。
ラウラ・モレラも負けていない。
貫禄たっぷり
ここはこうでなくちゃね!と
彼女らしい
「どやー!」なすみずみまで
行き渡ったおどり。
やや出遅れていたのが
メリッサ。

モニカ・メイスンをはじめとする
コーチたちは、どんどんとアドバイスを
与えていく。
しかし、日本人とはやや違うシーンが
展開する。
ダンサーは納得もしつつ
試行錯誤するが、「自分がこう考えて
動いた、踊った」ということについては
コメントし、納得の上でコレクションに入る。
この理由と必然を説明する、しない
できる、できないが
いわゆる海外で踊ることができるひとの
条件のような気がする。

気の強さとか、折れないという以前に
コミュニケーション能力の問題でもあるだろう。
なんでも一発で「問答無用よ、これでどう?」と
すぱっとコーチたちを黙らせることが
できるならはなしは別だが
あくまでお客さんが観たらどうなのかという
見地に立ってのアドバイス。
これは、共同作業に他ならない。

メリッサはポイント、ポイントを確認しつつ
でも面白かったのは、これも日本人と違うところで
またプロでもある証で、
いっぱいいっぱいの目一杯ではない。
余力、自分の理解と消化も、そして加減も
見極めつつの踊りになっている。
それは、ラウラもユフィも同じなのだ。



すごい。



日本のお稽古場では、先生に口答えなぞ
もってのほか。
素直にいわれたことを、しっかりとやる...
お行儀の良さ第一ではあるし、いまだにそうだけれど
「あなたは今どうしようとしたの?」
「こう考えて、こうやってみたかったのです」
というコミュニケーションは
たとえ7~8歳くらいからでも
必要ではないか。

「どうしてこうやってはいけないのですか」を
10個くらい説明して、なおかつ生徒の
モチベーションを摘むことなく伸ばせる
素敵な指導者がもっともっと出てきたとき
日本からすごいダンサーが
ざくざく出てくる。
バレエというメンタリティに
日本人の気質はとても近しいものがあるから。
たとえ体型や骨格は外来のものであっても
ゆきつくところは
表現
そのひとつに他ならないから^^


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。